読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

3.16の間際

今年程いろいろな物件を見る機会はないと思う。

個人事業者の決算。

毎年チクサン関係の方々を見てきたが、今年はそれ以外の方々の相談がある。

 

私がベテランになったからではなく、それなりのニーズがあるにもかかわらず、

そのニーズに堪えられない、堪えようとしないチクサン以外のフキュウinがいるから、少し知っていると思われているチクサンにニーズが来るのだろう。

 

本当に情けないことだが、新規のノウギョウシャが困っているにも関わらず、相談に乗ってあげられないフキュウinは一体何なんだろう?

シバシバ必要ないと言われる所以であろうと思う。

新規の方の記帳指導会があっても、自分の仕事として意識していないどころか、平気で「仕事がある」といって大切な仕事から逃げていく。

どこをほつき歩いているのかわからないが、現地巡回と称して逃げているのだろう。この現象は、簿記に自信がないからだろうが、研修受けただけで指導できるわけがなく、実際にいろいろな事象に遭遇し、苦悩しないのに覚えるわけもない。

そんな逃げが見え見えなのだが「できた?」と結果を聞くこともない。

 

指導という言葉が虚しく響く。

もはや支援でもない。

これが続けば、農家もバカではないから「技術」のおいしい部分だけの指導を望む。

自分を技術者だと浮かれているわけではなかろうが、技術=生産性を改善すれば経営もうまくいくと思っているのだろうか?

経営はそんな簡単なことではない。

 

チクサンの期限ギリギリになってもなお、進まぬ決算にも何だかなぁと思うが、

それ以前に指導に向かわぬフキュウには、我々を含めたフキュウの指導手腕の衰えを感じずにはいられない。

つまらぬ愚痴は続く・・・