読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

山業 100名山 九州編 霧島連山

f:id:sawadake:20150916235604j:plain

圧倒された爆裂火口の左奥に、高千穂峰が待ち受けていた。

 

九重の興奮冷めやらぬまま霧島温泉郷まで200㎞。

ビジネス料金で高級旅館に泊めてもらい、夜は黒豚を頂く。

霧島連山の攻め方は???

f:id:sawadake:20150917001157j:plain

大きなカルデラ状の山が韓国岳、その先のカルデラ新燃岳、奥の山塊が高千穂峰

手前のえびの高原から奥の高千穂峰までは、縦走路があったが、23年に新燃岳が噴火して立入禁止となっているようだ。

 

とりあえず、韓国岳に登ってみることにした。

f:id:sawadake:20150912084736j:plain

登りはじめると、すぐに硫黄山がお出迎え。

f:id:sawadake:20150912091511j:plain

岩が散在する登山道。

f:id:sawadake:20150912093728j:plain

山頂までの標高差は500㍍ほどで、登っていくと写真のような柵が左側に。

カルデラの縁を登っていく感じで、柵の向こうは・・・断崖絶壁です。

山頂が見えてくると、右下にはカルデラ湖が。

f:id:sawadake:20150917003756j:plain

ブルーの大浪池が眼下に、そして遠くは最近噴火した桜島のようです。

ほどなく山頂1700㍍に到着。

f:id:sawadake:20150912094217j:plain

かつての縦走路を遠望してみます。

f:id:sawadake:20150912094351j:plain

縦走禁止地点まで行ってみます。

 新燃岳の火口にいくつもの水蒸気の吹き出しが確認できました。

f:id:sawadake:20150912095534j:plain

そして高千穂峰の山が呼んでいる。

こっちにも登ろうぜ!!と。

 

f:id:sawadake:20150912095735j:plain

これは、韓国岳の火口、一周することも出来るようですが、ロープしてありました。

f:id:sawadake:20150917003733j:plain

さて、下りですが、大浪池方向に一気に下ります。

距離は1㎞ほどで400㍍程、しかも木道階段を下ります。

これがラクチンのようで足にくる・・・

大浪池からえびの高原までは、林間をトレラン風に走り下る。

2時間半の山旅でした。

 

後半、高千穂峰につづく。