読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

うんだめし。

あくまで天の神様へのお願い事項。

f:id:sawadake:20150102165340j:plain

初詣で、今年もおみくじを引きました。

去年は4人とも大吉という快挙達成しましたが、今年は?

大吉!!

娘と嫁が小吉、息子は末吉。

実家母から「末吉」一番エエよ!と意味不明な言葉に助けられる。

 

なので調べてみたら。

神社本庁というホームページには以下のように書いてあった。

--------------------------------------------------

一般的に「おみくじ」は、個人の運勢や吉凶を占うために用いられているわけですが、種類もいろいろとあり、神社ごとに工夫も窺うことができます。その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。また、生活の指針となる和歌などを載せているものもあります。

そもそも占いとは、物事の始めにあたって、まず御神慮を仰ぎ、これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れともいえます。例えば、小正月などにその年の作柄や天候を占う粥占神事(かゆうらしんじ)や、神社の祭事に奉仕する頭屋(とうや)などの神役を選ぶ際に御神慮に適う者が選ばれるよう「くじ」を引いて決めることなど、古くから続けられてきました。「おみくじ」もこうした占いの一つといえます。

「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことといえます。また神社境内の木の枝に結んで帰る習わしもありますが、持ち帰っても問題はなく、引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせてみたいものです。

--------------------------------------------------

神社本庁 | おみくじについて

吉以下の並びは、これとは違う解説もありました。

まあ、これはあくまで神頼みなので、自身の精進によっては別の道も拓けるはず。日々の積み重ね。

自転車も体重も・・・