読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

北岳 ~ 間の岳 稜線散歩 

f:id:sawadake:20140908101955j:plain

10時15分 北岳山頂 無風だがさすがに半袖だと寒い。

ここは3193m、富士山に次いで第2位の標高。

山頂へは南北からのアタックラインがあり、今回は南側から登った。

山頂すぐ脇、東側はスパッと1000㍍ぐらい岩場がキレ落ちていて上から覗き込むのも恐ろしいほど。

その岩場はロッククライミングのメッカらしいが。

4~5名の登山者がいて、そのうちの老夫婦から声を掛けられる。

白根御池山荘から登ってきて、北岳肩の小屋に宿泊するらしく、明日の下山時にまた会うかもと。

山では知らぬ者同志の会話が弾む。

まぁ、フィヨルドさんのある意味キャラというか人望なのかもしれない。

f:id:sawadake:20140908103100j:plain

北岳とわずか3メートル低いだけの間の岳が遥か彼方に見える。

2つの山を結ぶ3000㍍級の稜線は、全国でもここだけ。

下に見える赤い屋根は今日の宿泊予定の北岳山荘だ。

とりあえず山荘まで下りて昼を食べることに。

f:id:sawadake:20140908104542j:plain

が、北岳山荘までの下りは小屋が見えているがなかなか遠い。

北岳のように腰の据わった男前もお疲れ気味。

 

11時10分 北岳山荘 着 

宿泊手続きを行い、食堂でカップメンとパンを食べる。

まだお昼前なので、ここに荷物をデポして間の岳まで往復することに。

f:id:sawadake:20140908114243j:plain

11時30分 北岳山荘 発

往復コースタイムは3時間、実際には片道1時間程度かかる。

f:id:sawadake:20140908115941j:plain

熱い男は、稜線上をTシャツで歩く。

途中の中白根山を越えてアップダウンの続く登山道は快適だ。

東側にガスが湧いてなかなか山旅の雰囲気がある。

f:id:sawadake:20140908124659j:plain

12時45分 間の岳 到着

山頂は広い。

ここの名物は、富士山とのコラボ写真らしい。

f:id:sawadake:20140908125737j:plain

f:id:sawadake:20140908125806j:plain

なるへそ。

f:id:sawadake:20140908123411j:plain

北岳山荘に帰っても、まだ2時すぎ。

仕方ないので、部屋で布団に入ってしばし昼寝。

夕食は5時から。

そうこうしていたら・・・外が晴れてきた。

絶景夕日を見にでる。

続く・・・