読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

乗鞍まで2週間・・・

f:id:sawadake:20140824170717j:plain

雨が続く8月は、日照不足も深刻になってきた。

今年の20世紀梨は、雨の影響で水分が高く糖度が低く苦戦が想定されている。

天気とはホント思うように行かないものだ。

 

さて、乗鞍もだが、王滝も考えなければならないのに・・・

ここんところ、夕練は美歎・稲葉山CCまで10キロ・400㍍ほどヘロヘロになりながら登って、時間があれば久松山に登ってから小走りで下る。

7月に5回、8月は11回登ったのみで、恒例の氷ノ山には行かず不安ばかり。

 

自転車は8月は700キロほど走っているが、獲得標高は9000㍍足らず。

あかんパターンのやつです。

そんな折、F肉さんから特命試走案が・・・

 

9月20日のOSJ主催のトレラン企画です。

POWER SPORTS | パワースポーツ「MOUNTAIN & BEACH セルフディスカバリーアドベンチャー in TOTTORI」

 

初レースでも楽しめる企画だそうです!!

--------------------------------------

第4競技種目 トレイルランニング
自然を生かした冒険要素たっぷりの楽しいコース設定。制限時間が長いのでトレイルランニング初レースの方もぜひチャレンジしてみましょう。 

開催日時 9月20日(土) 08:00スタート予定
開催場所 鳥取県若桜町氷ノ山山系(氷太くんスタート予定)
競技距離 約16km
参加定員 200名

 

私は午後のMTBがエエですが、ここはトレーニングを兼ねて試走してみましょう!

と何とか天気が持ちそうな今日午前に試走することに。

f:id:sawadake:20140824170816j:plain

いかにも走りそうなショシャです。

かっこいい!!

私は登山的ルックで。

まずは、氷ノ山スキー場からチャレンジリフト終点を目指します。

冬山なら、リフトでラクチンに登れるのですが・・・

斜度40度近いゲレンデの階段をモクモクと登っていきます。

f:id:sawadake:20140824171100j:plain

F肉さん、ガンガン行きます!!

汗、ザァーザァー吹き出します。

f:id:sawadake:20140824171146j:plain

スタートから45分かかり、400㍍ほど登ってきました。

かなり足にきてます。

余談ですが、今日はドリモグ部隊が滝流しソーメンに行くという話を聞きながら・・・先週私も行ってきましたが、とても面白いソーメンでした。

f:id:sawadake:20140824171437j:plain

今日の荷物は、このバッグに500のお茶2本、オニギリ2個、飴とケータイとガーミン、鈴は厳重に4個+笛を持っていきました。

笛は見晴らしが良くなったところで、定期的に長く吹きます。

誰か来たぞと野生の方々に伝えるためです。

チャレンジリフト終点から森林に入ります。

30分ほど270㍍登ると、森林を抜けて笹原の中に避難小屋と見晴台が現れます。

f:id:sawadake:20140824171811j:plain

三ノ丸です。

ここの笹原は高さ2メートルほどあるので、中にいると見晴らしが効かないし、とても不安になる笹原です。

写真左上のガスの中が山頂小屋です。

三ノ丸から山頂までは、30分130㍍ほどの登りですが、登ったり下ったりを繰り返します。

ここで少しずつ走れるようになってきました。

f:id:sawadake:20140824172054j:plain

が、途中大きな杉の林があり、そこは沼のようになっていて走りづらい・・・

そして、この辺から雨が降り出した。

しかも雷も鳴り始める・・・

ドリモグさん効果か?

 

とにかく山頂小屋まで急ぎます。

結局スタートから山頂まで1時間45分ほどかかりました。

小屋にはカップルが登山を完了して下山のためカッパ着てました。

 カッパもない我々ですが、このまま下っても雷は問題ないか???

雨足は強くなっていますので、とりあえず氷ノ山越の避難小屋まで行くことに。

山頂から氷ノ山越方向は、かなり走りにくいですがボチボチと。

25分、280㍍ほど下りました。

雨で泥濘始めており、スリップしながら、登山客に迷惑掛けないように徐行しつつ。

氷ノ山越にはたくさんの登山客がいましたが、そのまま左折スルーしてイッキに下ります。

F肉さん先頭で「ファイト!!一発!!」のように走り下ります。

f:id:sawadake:20140824170717j:plain

この写真のように、かっこよく!!(ウソ)

フィヨルドさん仕込みの下りを楽に楽しむ極意を伝授しつつ・・・

・大きな歩幅で下らない(登りも)

・着地はタッチする程度 いちいち全体重を掛けない

・水面の上を走る感覚??? そもそもそんなこと出来ないが

・足元ばかり見ない 3~4メートル先を見るようにする

・スキーのコブを下る感覚に似ている

・下りのダメージが少なくすることで、後半につながる

f:id:sawadake:20140824173448j:plain

氷ノ山越から16分、360㍍下るとまむしオヤジの銘水に出た。

本当は、ここから仙谷コースを急登して再び山頂に行き、前半走った三ノ丸からスキー場に下ってゴールの予定だが、今日はほぼ完全燃焼して終了。

コース前半を完走して、2時間半近くかかってしまいました。

晴れれば全コース4時間ぐらいが目標でしょうか?

お疲れ様でした。

 

また来週でも後半戦試走しますかね?

それにしても、今日の筋肉痛がどの程度・いつ来るか?

これが一番の関心事です。

久松山トレーニングの成果が出るか否か???

 

とりあえず、不整地下りはかなり慣れてスムーズな走りはできるようになってきた。

下り時の腕の筋肉痛も全くなし。

というか、乗鞍や王滝の練習なのか、これは???