読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

家事手伝い

嫁が一番キレる旦那の一言とは?

「何か手伝おうか?」

という主体性なき、あくまで補佐的立場を堂々と表明する言葉らしい。

まぁ、そりゃ・そうだ。

 

家事全般に手伝う前に、率先してやればいい。

洗濯・掃除・炊事・育児・・・やるべきことはいくらでもある。

が、段取りや要領が悪かったり、その場その場でKYなことばかりする場合は、主体的にやられると、更に怒りが増すこともあるので、立場と技量をわきまえるべきなのかもしれない。

 

奇しくも昨日の日本海新聞26面上段に「夫の家事分担まだまだ」という記事が。

掃除や炊事に不満が多く、妻の半分が不満を抱いているらしい。

夫が家事をする家庭ほど、妻が子供を持つ意欲が高いとも。

へえ~、そうなんだ。

 

一昨日、職場の飲み会でも、家事の話題が。

専業主婦の妻に対して、絶対に家事なんてやってやらないと言い張る旦那。

そこまで言わなくても良いのにと思うも、長年の積み重ねかすれ違いが、そんな風にさせているのかとも考えた。

「お互い様」

一緒の時間を共有するのだから、お互いに気持ちよく過ごせるよう意識するのみ。

時間があればどっちがしてもいいし、二人ですれば半分で終わる。

うちは基本的に家族全員が、その場その場でできることをするというのが暗黙のルールになっている。

 

昨日は.cow農場で仕事していたら・・・

粉さん家族に遭遇。

夏の一大イベントのようで、夜の慰労会はDNEとのことでしたが、息子が無茶苦茶かわいかった。

いい家族を見させていただきました。

 

自分の立場と役割をわきまえ、できることを進んでする。

家庭でも遊びでも仕事でも。

できれば進化させながらと思いつつ、台風11号の無事通過を待っている。