読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

大山(ユートピア)への誘い

夏を迎えた3連休最終日、花畑のユートピアを目指した。

f:id:sawadake:20140730002749j:plain

午前6時、大山寺をスタート。

中の原スキー場を登ってから宝珠越~三鈷峰~ユートピアのコース。

f:id:sawadake:20140730003109j:plain

メンバーは、フィヨルドさん、IKT監督、Y本さんと私 4名。

f:id:sawadake:20140730003135j:plain

スキー場を後にすると、尾根沿いにブナ林をすすむ。

f:id:sawadake:20140730003224j:plain

元谷を右に見ながらやや険しいルートもあるが、今回も前回夏山同様に虫が多い。

f:id:sawadake:20140730003328j:plain

途中、なかなかいい景色にも。

f:id:sawadake:20140730003400j:plain

8時すぎに三鈷峰に立ち寄る。

既にとりついた登山客多し、山頂には、はしゃぐ山ガール多数・・・

f:id:sawadake:20140730003546j:plain

f:id:sawadake:20140730003601j:plain

f:id:sawadake:20140730003632j:plain

三鈷峰から大山北壁の眺望が好きだ。

f:id:sawadake:20140730003731j:plain

f:id:sawadake:20140730003745j:plain

f:id:sawadake:20140730003753j:plain

f:id:sawadake:20140730003804j:plain

この日は、山頂はガスがかかり帽子かぶったまま。

ユートピア小屋で休憩するも、なかなかの人出でした。

f:id:sawadake:20140730003939j:plain

ここからはバリエーションルート。

剣ヶ峰を目指すも、IKT監督とY本さんは途中まで。

フィヨルドさんと慎重かつ果敢にのぼる。

f:id:sawadake:20140730004103j:plain

天狗ケ峰、分岐の手前の両側切り立ったポイントは、今年も浸食が進んでいた。

登りはいいが、下りはやや不安定で注意が必要。

天狗を越えた辺りで、一瞬剣ヶ峰が姿を現した。

f:id:sawadake:20140730004316j:plain

山頂には2名、フィヨルドさんと10分ほど弥山側まで進んだが、ほどなく切り立ったポイントで断念して引き返す。

f:id:sawadake:20140730004458j:plain

下りはめっぽう得意なフィヨルドさん。

10時半、ユートピア小屋で2名と合流して、元谷経由で帰路へ。

下りの名物は砂走り。

f:id:sawadake:20140730004642j:plain

なかなか良いコンディションでした。

f:id:sawadake:20140730004705j:plain

今回、はじめて知ったんですが、砂走りって全部土砂だと思っていたんですが、

谷を覆っているのはほとんど残雪のようですね。

写真のフィヨルドさんが掘っているのが残雪が露出した部分。

残雪の上に流れ出た土砂が覆っていて、その上を我々が滑って降りてくる仕組みのようです。

残雪がなくなっている下の方は、谷がそのまま露出しています。

f:id:sawadake:20140730004952j:plain

元谷、大神山神社、大山寺参道と下って1時前に無事終了。

ルートも花畑も、そしてフィヨルドトークも楽しい登山でした。

f:id:sawadake:20140730005131j:plain

f:id:sawadake:20140730005143j:plain

そして、おまけ。

https://www.youtube.com/watch?v=xGweX4ZWj9Y&feature=share

フィヨルドさんの華麗な砂滑りイッキ滑り。

下山をこれで稼げば足への負担が少なくラクチンこの上なし!!