読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて

慶応大学に現役合格した話。

著者:坪田信貴 

出版:株式会社KADOKAWA

初版:2013/12/27

価格:1500円(税抜き)

帯:「この奇跡はあなたにも起こる」

  「ダメな人間などいません、ダメな指導者がいるだけなのです」

  「子供にとって、受験より大事なのは、絶対にムリって思えることを、やり遂げた経験なのです」

  「子供や部下を急激に伸ばせる心理学テクニック&学習メソッド等も満載」

f:id:sawadake:20140210235227j:plain

畜産経営研修会のためTOKYOへ。

f:id:sawadake:20140210235244j:plain

八重洲ブックセンターに寄ったらこの本が店頭にあったので買う。

少し前、朝のラジオで紹介され、amazonでポチッとしたかったが・・・

在庫なしと・・・

何とも言えぬブーたれた表紙の彼女。

 (彼女はモデルで実際の主人公ではないが・・・)

(しかもすでに慶応は卒業して立派に就職しているらしい 25歳だったか)

f:id:sawadake:20140210235253j:plain

300ページ、帰るまでにイッキに読み終えた。

かなり衝撃的で感動した。

単なる勉強のハウツー本ではなかった。

もちろん、これから受験に向かう家庭には一読を勧めるが、

家族とは何か、夫婦とは・・・そんな方にも読んでもらいたい。

更に、職場内で悩む上司は必読。

心理学とか、いろいろな解説が面白い。

実際のエピソードが笑える。

そして最後は泣けた。

帰り公共の場で涙をこらえられなかった。

 

我々は夫婦として、家族として、親として、同僚として、仲間として

常に切磋琢磨し合い、成長しあうことなんだなぁ。

と素直に振り返ることにつながる。 

我が家では、仕事柄嫁は読むだろうが、2年後受験に向かう娘にも、そして受験は終わった息子にも読んで欲しい。