読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sawadake-Blog -Third Stage-

今年の春から、また2人となりました・・・

百名山 石鎚山登山 その3

f:id:sawadake:20131014112329j:plain

 11時20分 天狗岳に向かうつもりで並ぶも、いっこうに動かない。

この先に岩場の下りがあって、10名ずつの交互通行となっている模様。

f:id:sawadake:20131014113817j:plain

 ようやく下って、少し行ってから振り返ると、山頂に人がひしめき合っている。

縦走は岩場がメイン、進行方向左側は数百メートルの断崖絶壁。

ミチコさんも身体は自然と右に右に傾く。

f:id:sawadake:20131014114756j:plain

あのピークが天狗岳だが、みんなハラハラしつつ進む。

とにかく左側に転けないようにと。

f:id:sawadake:20131014114019j:plain

素晴らしい高度感。

あそこに立ったら、空に飛んで行けそうな気持ちになる。

f:id:sawadake:20131014114207j:plain

 ミチコさん、がんばれ~!!

それにしても、山頂はスゴイ人だ。

f:id:sawadake:20131014114454j:plain

11時44分 天狗岳山頂に登頂!! 1928メートルのピーク!!

これで百名山は、やっと3つ目!

 (大山・御嶽山・石鎚山と)

f:id:sawadake:20131014114855j:plain

天狗岳から更に進むが、基本的には行き止まりのため、来た道を戻ることになる。

ここは、天狗岳を反対側から見た様子。

f:id:sawadake:20131014115500j:plain

我々が登ってきた登山道が見える。

山麓の紅葉はもう少し早いが、山頂辺りはちょっと過ぎている感じ。

f:id:sawadake:20131014121745j:plain

12時15分 山頂まで戻ってきたが、帰りの登りも渋滞中。

待っているミチコさんやY本さんが真下に確認できた。

 

このあと、山頂小屋でカレー・おでん・コーヒーを頂き、下山準備。

12時50分 下山開始

下りも2の鎖場の下の分岐点までは大渋滞だった。

f:id:sawadake:20131014130036j:plain

 2の鎖場は、やはりフィヨルドさんと下ることにしたが、フィヨルドさん早すぎる。

スルスルと滑るように下っていく。

f:id:sawadake:20131014130114j:plain

 さて、土小屋との分岐点を過ぎるとあとはまばらな登山客だった。

f:id:sawadake:20131014132132j:plain

そんな折、下からホラ貝を吹きながら修行僧?が上がってこられた。

吹きながら歩いて登るのって、想像だが、大変だろうなぁ。

写真撮影を快諾して頂きパチリ。

f:id:sawadake:20131014143329j:plain

 

さて、階段下りは、フィヨルドさんと駆け足下り。

トントントンととんとん拍子で。

成就社まで下り大休憩していたら。

ホラ貝が売ってあるらしい。

だらすけも???

この辺りの名物薬のことのようだ。

魔除けサルとか、意味不明・・・

 

15時 下山完了し、駐車場の旅館にある天然温泉に入って汗を流す。

    後は、来た道を戻るのみ。

21時過ぎ 河原、無事到着

 

皆さん、ご苦労様でした。

3時起床~21時過ぎ帰着の弾丸登山ツアーでしたが、天気にも恵まれてとても良い登山となりました。

できれば、道後温泉などに泊まれたら最高でしたが。

次は、剣山の笹原ツアーですかね???